世界でも類をみない、苺のスパークリング。

スパークリング・ワインに苺の果汁と、なんと果肉も加えています。
綺麗な苺色、苺の香り、やや甘口です。

チリの苺はマリー・アントワネットがとても愛したそうで(探検家がチリから持ち帰った苺だったそうです。超々贅沢品ですね)、特にシャンパンと一緒につまむのがお気に入りだったとか。
なーるほど、それでシャンパンに苺を入れちゃおうと…!

ワインと苺…ミスマッチな感じがしますが、とても自然な苺のフルーティさが新しい驚きです。
苺のツブツブが沈むことなく、最後まで均一に味わえるのにもびっくりして下さい。(企業秘密だそうです)
マリー・アントワネットの気分で、女性同士の語らいに、ぜひどうぞ。

●情報●
造り手 ビーニャ・マンケウエ (チリで最も伝統あるワイナリーのひとつで、チリ最大のスパークリング・ワイン製造会社)
苺 チリ・北部パタゴニア・チロエ島産
Fresita(フレシータ) とは、スペイン語の苺=Fresa (フレサ)から、「イチゴちゃん」って感じかな。

チリ最大のスパークリングワイン製造会社
広告