しばらく更新が遅れてしまいました。m(__)m

さて、今日はキュレ・ナンテというチーズ。
とても歴史の古いチーズです。
ブルターニュ地方、ロワール川の下流のナントという都市で作られた始めました。
フランス革命でナントの町に逃れてきた司祭たちが作り始めたそうです。
キュレは司祭という意味。ナンテはナントの町のこと。

ブルターニュ地方といえばゲラントの塩、そば粉のクレープ。 (^^) 美味しいですよね。
表皮をこのゲランド産の塩で洗われた、ウォッシュタイプのチーズです。
中はふっくらと弾力があって、食感はもっちり。少し甘みとナッツの風味。
とても食べやすいので、初心者の方におすすめです。
ワインだけではなく、純米酒などにも合うそうですよ。

●情報●
ウォッシュタイプ
原料:牛乳
フランス

広告