チーズの定番の食べ方、クラッカーに乗せて。
クラッカーは甘みのないプレーンなもの。のせる量は、これくらいが丁度良いようです。
おつまみとして、ワインにもビールにも合いますよ。


左のブルーチーズは、フルムダンベール ・カンタリアン
「高貴なブルーチーズ」と呼ばれる、人気の青カビチーズです。
カビがどっさりで、慣れない方はびっくりかもれしませんが、マイルドで刺激は少なくやさしい味わい。
青カビの風味のよさを教えてくれる、魅力あふれるチーズです。
青カビのチーズは味がしっかりしているので、重厚感のある赤ワインとご一緒に。

右は、とろける デリス・ド・ブルゴーニュ。フレッシュタイプのチーズです。
名前は「ブルゴーニュの美味」、まるでチーズケーキのような濃厚な味。
それは牛乳にクリームを添加して作られるためですが、さわやかな酸味もあってしつこさはありません。
ご覧のように、レーズンなど少し甘みのあるものを添えても。香り高いコーヒーにも合います。
(本当にチーズケーキのよう)

この二点は11月のチーズでした。
ご紹介が遅れてすみません。(もう残りはないの~~)

広告